特定健康診査・特定保健指導(目次)


「特定健康診査」のご案内について

生活習慣病といわれる糖尿病や高血圧症、脂質異常症は、最初は症状がなくても心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気につながり、生活の質の低下や医療費の増大を招きます。
特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して、これらの病気のリスクの有無を検査し、リスクがある方の生活習慣をより望ましいものに変えていくための保健指導を受けていただくことを目的とした健康診査です。
※対象者:40才から74才の被保険者・被扶養者
※メタボリックシンドローム・・・内臓脂肪型肥満と糖質や脂質などの代謝異常、または高血圧症が合併した状態をいい、心臓血管系病気の引き金となります。

検査内容基本詳細
既往歴及び自覚症状の有無の検査
医師診察
身長・体重・腹囲測定・肥満度(BMI)
尿検査(糖・蛋白)
血圧測定
既往歴及び自覚症状の有無の検査
肝機能検査
【GOT・GPT・γ-GTP】
血中脂質検査
【LDLコレステロール・血清トリグリセライド・HDLコレステロール】
血糖検査
【空腹時血糖・HbA1c】
心電図検査
眼底検査
貧血検査
【血色素量・赤血球数・ヘマトクリット】

※詳しい内容についてはお問い合わせください。
※ご加入の保険者(健康保険組合など)から受診券が交付されますので、お問い合わせの際は、受診券をお手元にご用意ください。


【福山市特定健康診査】ご案内はこちらです。
【鳥取市特定健康診査】ご案内はこちらです。
【津山市特定健康診査】ご案内はこちらです。


「特定保健指導」のご案内について

特定保健指導

  • 健康保険組合、事業場において、特定保健指導をはじめとして、健康教育、健康相談、栄養指導、運動指導、職場巡視を行い、職場全体の健康アップを目指しています。
  • 当協会の特定保健指導実施数は、開始当初の平成20 年度においては、積極的支援70 名、動機付け支援45名でしたが、平成26年度は積極的支援297名、動機付け支援151名、平成27年度は、積極的支援411名、動機付け支援164名となりました。事業場の特性や要望(勤務形態、作業状況など)を考慮し、対象者の状況に合わせた支援を展開しています。初回は個別面接支援で、訪問または来所とし、健康保険組合や事業場担当者の協力を得て実施しています。初回支援時間は基本プログラムでは1人30分で設定していますが、相談の上、40~50分の時間をいただき、じっくり話をしています。初回面接に時間をかけることで、対象者が特定保健指導について理解され、前向きな気持ちでスタートできます。継続支援は、ほとんど事業場担当者をとおして対象者と連絡をとっており、6ヵ月間、事業場担当者の協力が不可欠です。このように、支援を展開するにあたって、健康保険組合、事業場担当者及び当協会の3者の協力体制が充分に取れた上で実施できているということが特徴です。
  • 当協会は“正確、迅速、親切”を方針とし、健康診断、産業医活動、健康教育、保健・運動・栄養指導等、また作業環境測定を実施しています。平成20年度から始まった特定健診・特定保健指導については、従来のノウハウを活かし、健康保険組合との連携を図りながら進めています。特定保健指導の取り組み方、今後の課題を見直し解決しながら、より良い支援をさせていただきます。


運営についての重要事項に関する規定の概要