公益財団法人中国労働衛生協会 尾道検診所

onomitn1.jpg

onomitn2.jpg


尾道バイパス平原出口からから約300mの立地条件です。「正確・迅速・親切」をモットーに業務を行っています。早期発見から健康増進まで総合的にサポートします。

onomitn4.jpg

onomitn3.jpg


ゆったりとしたフロアを中心に快適な健康診断をご提案します。
働く方々や地域住民の方々の健康管理、健康づくりに貢献させていただきたいと、職員一同気持ちを新たにして皆様のお越しをお待ちしております。



colorboy

お知らせ&行事・研修会

2021年06月09日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2021年03月10日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2021年02月15日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2020年11月11日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2020年10月14日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2020年02月12日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2019年10月09日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2019年02月13日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2019年02月08日 心とからだの健康講座のご案内(ベイタウン組合会館にて)
2018年10月23日 『協同組合まつり』に参加しました。
2016年09月17日 『リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018広島 尾道』に参加しました。
2016年09月16日 『第25回ゲタリンピック』に参加しました。
2018年09月12日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2018年02月14日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2017年06月14日 『レディオBINGO』GO!GO!B びんごに出演しました。
2017年03月13日 『心とからだの健康講座』を開催しました。
2016年09月19日 『リレー・フォー・ライフ・ジャパン2016広島 尾道』に参加しました。
2016年09月18日 『第23回ゲタリンピック』に参加しました。
2016年03月18日 『心とからだの健康講座』を開催しました。


尾道健診センター 健康診断カレンダー


受付時間についてのお知らせ

健診種別時  間備  考
生活習慣病予防健診8:15~10:30
定期健康診断13:00~15:10(月~金)
13:00~14:50(土曜日)
  • 事前にご予約の上、お越しくださいますようにお願い致します。
  • 予約状況によってはご希望の日時に受診いただけない場合があります。


アクセスマップ

  • 尾道バイパス平原出口から300m 駐車場完備

基本情報(所在地、電話番号、FAX番号)

項目内容
主な登録①労働衛生サービス機能評価
②プライバシーマーク
所在地〒722-0018 広島県尾道市平原3-1-1
電話番号(0848)22-3807
FAX番号(0848)22-6352


主な登録

プライバシーマーク <登録番号 第14200064号>

Pマーク
  • 審査機関 一般財団法人医療情報システム開発センター
  • 一般財団法人日本情報経済社会推進協会
    • プライバシーマーク制度の認定基準は、日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(平成18年5月20日改正)に基づいており、認定された付与事業者には、「個人情報」を大切に取り扱う事業者として、“プライバシーマーク”の使用が認められています。
    • 当協会はマークを付与された事業者であり、個人情報の取り扱いについて適切に安全管理・保護措置をしていると認められた事業者になります。当協会は、プライバシーマークを通じて「個人情報」を適切に取り扱っていることを皆様にお伝えしていくとともに、個人情報保護の重要性を認識し、責任の自覚を持って取り組んでいます。

労働衛生サービス機能評価 <登録142号>

労働衛生サービス機能評価
  • 審査機関 (全衛連)労働衛生サービス機能評価委員会
    • 全衛連は、健診機関等の設備・機器、人的体制、健診技術、データ管理、健診後のフォローアップの状況、各種規程の整備等の健診機能を総合的に評価し、優良な施設を認定する「労働衛生サービス機能評価事業」を実施しています。
    • この認定を受けようとする健診施設では、過去の健診データも参考に健診結果を総合判定するなど、受診者の健康状態を長期間にわたってトータルに診ることが求められます。
      また、胸部エックス線写真の読影は見落としを防止するため複数の医師によるダブルチェックを実施する体制があることも認定の要件です。
    • 個人情報保護等データの管理も厳密に行われることも当然の要件です。