ー健診データ集計ソフト(CREUS)ー

  • CYUUGOKU ROUDOU EISEIKYOUKAI USER SYSTEM
    • 事業場の皆様の健康診断結果データを電子媒体でお届けします。
    • 電子媒体にデータ化することにより、従業員ひとりひとりの時系列の管理はもちろん、事業場全体の有所見率等、健康管理がスムーズにできます。
    • ※当協会で受診された結果データを元に作成するシステムですので、受診されていない事業場の方についてはご提供できませんので、予めご了承ください。

機能概要

☆個人結果の検索・抽出、事業場単位の集計処理
☆今回、過去4回の計5回分の時系列変化への対応
☆各検査項目及び生活習慣の相関グラフ、時系列の折れ線グラフ等のグラフ作成
☆指導内容の書き込み、保存
☆パスワード採用(プライバシー保護)

動作環境

マイクロソフト社のEXCEL(VBA)で開発したソフトです。現在検証済のバージョンは以下のとおりです。

OS(Windows)必要ソフト
Windows7
Windows10
マイクロソフト社 EXCEL2007
マイクロソフト社 EXCEL2010
マイクロソフト社 EXCEL2016

料金

[ ソフト料 ] 無料 2010年よりソフト料が無料になりました。
[データ作成費] 5,000円(税抜き)/1回作成毎

画面イメージ

個人データの抽出・表示・印刷

  • クレウスメニュー
    クレウス01
    個人番号又はカナ氏名で個人の検索ができます。また、複数の事業場の情報を一括管理することが可能です。
  • 個人票(今回分)
    クレウス02
    この画面では、産業医のコメントなどをデータ化することができます。また、この画面をプリントすることで、事業場用個人票として管理することができます。
  • 個人票(履歴分)
    クレウス03
    今回結果+過去4回の結果を一つの画面で閲覧することができます。

個人の各種集計グラフ化

  • 個人危険因子レーダーチャート
    クレウス04
    クレウス05
    レーダーチャートに表示したいグループ判定や問診項目を選択し、個人の結果情報をレーダーチャート(4段階)で確認することができます。

  • 個人検査値時系列グラフ項目選択
    クレウス06
    クレウス07
    時系列グラフに表示したい検査項目(GOT,GPT・・・)を選択し、今回+過去4回のデータをグラフで表示します。(基準値の情報とあわせてデータの変動を閲覧することができます。)

事業場毎の有所見率・要精検率

  • 集団項目選択メニュー
    クレウス08
    事業場、所属、職業分類による抽出も可能です。
  • 性別年齢別有所見者/要精検者率一覧表
    クレウス09
    選択した判定や問診に対して、性別・年代別にデータを集計します。
  • 有所見者/要精検者率時系列グラフ
    クレウス10
    選択した判定や問診に対して、今回+過去4回の有所見率と要精検率をあわせて閲覧することができます。
  • 有所見者/要精検者率レーダーチャート
    クレウス11
    選択した判定や問診に対して、有所見率と要精検率を閲覧することができます。